暮らす方へ

本町・錦町・幸町・平和町・磨屋町・田町(1丁目)

西川エリアは南北に西川緑道公園があり、豊かな緑と水のロケーションが人気の住宅エリアです。隣接する飲食店との共存共栄を推し進めることで、日常と非日常のミルフィーユ層を産み出し、食と自然を身近に感じる独創的な西川エリアの暮らしを共創します。地域価値を高めながら安心して暮らせる街になる為に、出来るコトを私たちは考え抜いていきます。
岡山市市民協働推進モデル事業&ニーズ調査事業
平成30年度 岡山市市民協働推進モデル事業&ニーズ調査事業として岡山市と協働で活動をしています。
皆様の本音をお聞かせください
ただいま西川エリアにお住まいの皆様にニーズ調査を行っております。ぜひ、ご協力のほどよろしくお願いします。
通りの名前をつけるワークショップ20190127-144730
レポート@通りに名前をつけよう!WS
当協議体 代表 池田より「西川エリア」の位置付けと協議体の役割をご説明。西川の可能性を見出し、より魅力あるエリアへと育てること、その発信のためにマップ作りを計画中であること、そして、そこに記すランドマークとなる「通り・筋」について名付けを行いたいなど、今回のワークショップの趣旨を伝え スタートしました。

西川のまちづくりの歴史についての研究されている岡山大学 岩渕先生から当時の資料や貴重な写真・地図をつかったミニ講座のあと、30名以上のご参加をいただき、笑いあり、和やかな中で約2時間のワークショップを開催する事ができました。

はっ!とするアイデアもあり、参加者の皆様のマチ、を愛するポイントも見えたり、海外の移住者の方からの視点もあったり、なかなか面白いワークショップになりました。
がっつり参加の皆様、ふら~り参加の皆様、ニーズ調査にご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました!
今回の皆さまからいただきました通り名案は、協議体、岡山市、町内連合会の皆さまとの話し合いを重ね、最終決定させていただきます。 2019年夏完成予定の飲食店マップにてお披露目いたします。 ご期待ください。
通りの名前をつけるワークショップ20190127-2
ed1ef581c53d4d405daef42c7e6659bb
「通りに名前をつけよう!」
終了。沢山のご参加ありがとうございました。
地域の方やホコテンへお越しの皆様など、たくさんのご参加、アイデア、ありがとうございました!

西川エリアは碁盤の目のように東西南北に多くの「通り」があります。
これらの「通り」は、意外と名前がついていないため、同じ「通り」でも人によって呼び方は様々。
この度、西川エリア飲食店マップを作成するにあたり、マップベースとなる「通り」の呼称を集めます。

皆さんは、この通りなんて呼んでる?
ぜひ教えてください。


【開催日】2019年 1月27日(日)
【時間】13時~15時
【場所】西川エリアまち育て協議体 事務所
 (住所)岡山市北区本町9-13 池田促成青果ラボ内

「通り」の呼び名は、その場所の歴史や暮らしだけでなく、今をうつしだします。
そして、「未来のまちの姿」も描くことにつながります。
どなたでもご参加いただけます。